スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
家族ゲーム!
2013 / 08 / 01 ( Thu )
ひゃ~
青森でも「家族ゲーム」放送されます~~~!
う、うれしい(≧∇≦)

お友達のお陰で見れましたが・・
自分の地域で放送されるというのは嬉しい!

花男にはまって~
・・
ただいま「歌のおにいさん」視聴中♪

けんたくんがかっこいいです~~!


8月3日から謎ディ公開ですが
なにやら4日にはどこかの映画館でサプライズの舞台挨拶があるそうです~。

青森には来ないと思われますが・・・・・(・・;)



家族ゲームが放送されるという事で・・・・

私がグッときたセリフの数々を書きとめておきたいと思います。

ネタばれあり








「今、流行の友達親子ってあるじゃないですか。
あれって、ていのいい育児放棄だと思いません?(中略)叱って嫌われたくないだけじゃないですか。
学校の先生が手出し出来なくなった今、誰が本気で叱ってあげるんですか?」



「何もしなかった人間が理想だけ語るなんて卑怯だ」



「きずなって言葉が気軽に、手軽に使われている世の中だ。
家族のきずなって自然に存在するものだと思っていたんだよなあ? そんなわけねーだろ! 
互いにヒザ突き合わせて自分の思いを口で、手で、目で、心で伝えてこそ初めて存在するものなんだよ。
それを何度も繰り返して築き上げていかなきゃ強くならない面倒くさいものなんだよ。
いじめられていることも、自分を偽っていることも、家に居場所がないことも、息子が何を考えているのか分からないことも、相手に伝える努力もしないで、家族だから言わなくても分かるなんて、お前らエスパーかよ」



「こんな世界にも希望はある。でもな、現実はお前が思っているよりよっぽど残酷なんだ。だから強くなれ」



「親の教育やしつけが人格形成に大きな影響を及ぼすにもかかわらず、その親を自分で選ぶことはできない。つまり、人は生まれながらに平等じゃないといえる」



「決して社会や時代のせいじゃない。親が子供に向き合ってやらないから、しつけてやれないから、子供が大人になれないんだよ、いいかげん分かれよ!」



「だったら歴史の授業を例にとってみよう。
人類の誕生から始めて、俺たちに身近なはずの近代史はなぜか3学期に駆け足で終わらせる。
100年もたっていない首相の暗殺事件さえ、教科書ではたった数行しか語られない。
どんな背景があってどんな思いがあって殺されたのか、本来はそういうことを学ぶべきじゃないのか。(中略)そのひずみはアイデンティティーの喪失として現れた。
自分のルーツをあいまいにしか理解できていない俺たちは自分に自信が持てなくなり、戦うことを恐れて他人と同調するようになる。
メディアに踊らされて一方的な意見で物事をくくりたがるのがその最たる例だ。
俺たちはいつの間にか個性を奪われて、誰かに依存しなければ生きていけない骨抜きにされているんだよ。そんな教育を受けて平和ボケにつかっている人間が、無意識のうちに悪意と感じない悪意で弱者を追い詰めているんだ」



「震えるほどの屈辱を味わったことがあるか?

痛みを知らないお前に俺が痛みを教えてやる。
恐怖を知らないお前に…俺が恐怖を味わわせてやる。
苦しみを知らないお前に悲しみを知らないお前に…。
俺が…。

絶望を思い知らせてやる。

俺がお前を壊してやる!

想像力だよ。
慎一君。」




あーまた見よう!!!






08 : 33 : 41 | テレビ・ドラマ・映画 | コメント(0) | page top↑
<<実は・・・ | ホーム | わーい!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。